ガーダシル9価ワクチン

 HPV vaccine  


Description

子宮頸がんの予防接種ガーダシル9価  



Advantage.

01.ガーダシル9価はHPV感染による子宮頸がんの予防、

     9タイプのHPVワクチンです。  

02.HPV 6、11、16、18、31、33、45、52、58型が

     含まれている9価HPVワクチン  

HPV vaccine  


Process. 

Step 01.カウンセリング 

Step 02.処置室でガーダシル9価格接種  

Step 03.施術後の経過観察及びご帰宅  

Guide.

01.周期 :  1回目接種

                 (2ヵ月後) -2回目接種

                 (4ヵ月後) -3回目接種  

02.回数 :  3回  

Recommend To.

01.女性はHPV関連疾患の97%を予防、

     性器周りのイボを100%予防できます。  

02.男性は性器周りのイボを89%予防、

     肛門上皮内腫瘍を77%予防できます。  

03.子宮頸がん・外陰がん・腟がん・

     肛門がん・陰茎がん・性器周りのイボ  

Precautions.

01.最大1年以内に3回接種を受けてから

     抗体がつきます。  

02.頭痛、発熱、風邪気味などの症状があるかも

     しれませんが、数日内によくなります。  

03.接種部位は清潔に保ち、注射した部位は炎症予防の

     ために、 水に当たらないように心がけましょう。  

04.飲酒、温泉浴などは炎症の恐れがありますので、

     1週間ほど控えてください。  

05.注射した部位が痒くなったり、赤くなることがあります。

     アレルギー反応ですので、専門ドクターの診断のもとで

     薬を処方します。 再来院をお願いします。  

はい。3回接種を受けてからちゃんと抗体ができるとの研究結果があります。

ただし、満9~13歳の場合、2回接種(0、6ヵ月)も可能ですので、詳細は専門ドクターへ相談お願いします。

韓国の認可事項によると最初接種日から2ヵ月後に2回目、2回目接種日の4ヵ月後に3回目接種を受けることを原則としています。

ただし、やむを得ない場合は2回目接種は1回目接種日から少なくとも1ヵ月後、3回目接種は2回目接種日から最低3ヵ月後に受けなければなりません。

1年以内に3回の接種を全て受けなければなりません。

接種は女性にも男性にもお勧めです。

現在、韓国の認可事項によるとガーダシルは性別を問わず、満9歳から接種することが可能であり、接種を勧めています。